スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

先週末、甲州に行ってきまして。

このところ平日はモーレツ・リーマンに人生逆戻りしてしまった感じ。
先週末は3連休で、さすがに中日はどこかに出かけようということになった。

ま、その前夜に行き先を決めているくらいだからいい加減な日帰りプランだったわけ。
季節もいいから、5年前だかの甲州ワインツアーに引き続き、ワイナリー巡りの2回目をしようということに。

朝の4時半起き、6時には出発して9時ちょっと前に勝沼到着。
渋滞はあったけど、悪くない抜け方ができたね。

早速、IC降りてすぐの果実店に行くと、ちょうど開店したて。ぶどうがどっさり。
たらふく試食させてもらいました。
シーズンオフになる直前で、どうせもう買いに来る人もあまりないし、ということらしい。
ラッキーでごわす。
ベリーAの甘さに感動し、1KG買う。おまけしてくれまくり。大粒ピオーネの、房からもげたやつも、2ダースくらいパックに入って200円ですぜ。これも2パック買う。
買っているモードにも試食の味が忘れられず、半分くらいの袋詰め100円を追加し、その場であっという間に家族の餌食になる。

いきなり来た割にはけっこういいタイミングで、ブドウはディスカウント、ワインのほうは最初の新酒が出てくる週末だったのだ。(ちょうど日比谷では新酒フェアをやってたらしい。)

通りがかったメルシャン工場の敷地では朝市をやってた。野菜などを買い込んでしまう。
その後、マンズワインでも対抗してか(?)屋台がたくさん出ていた。バンド演奏なんかもやって賑やかだ。

勝沼市内町付近のワイナリーは前回いくつか回っていたので、今回は勝沼の酒蔵は全スルーして、付け焼刃で発見した「甲斐ワイナリー」に向かった。こちらは塩山駅から近い。ナビかiPhoneでグーグルマップでも見ないと迷ってしまうので注意だぞ。

http://www.kaiwinery.com/

建物は4棟が国の重文有形文化財とかで、雰囲気のあるいいワイナリーだった。もとは酒蔵。
ワタクシはドライバーなので、クンカクンカするだけで全部上さんが飲んでしまう。くそっ。
甘口の甲州を2本買う。香りがすばらしい。(家に帰って飲んだら、ワタクシ的にはちょっと甘すぎたかな。香りはやっぱり、よかったけど)

で、こんなところも帰路には寄りました。なかなか面白い。
http://www.tanzawa-net.co.jp/shop/12.html

ここで最後っ屁的にまたしても試食+ブドウを購入。道中で見なかった品種「シャインレッド」。赤字社員みたいに聞えるんで不吉だがw

さて、道中にもう一軒、寄りました。
詳細は書けないのですが・・・。北の方に参りました。

ひょんなことから飛び込んだワイナリー(廃れ感満載)で、親切にもご主人が畑に案内してくれ、もう季節はずれだからどんだけ食べてもいいよ、ということで10数種類くらいのブドウを次から次へと食べさせてくれた。ブドウ作りの奥深さに唸る。ここのピオーネもすばらしかったし、マスカット風のものすごい濃厚な品種もあった。驚きのクリーミー感。

さらにさらに、ワタクシの日本酒生酒を交えた熱い語りに意気投合してくれたのか、ご主人「・・・じゃあ工場に行きますか?」

そこでワタクシたち一家が何を見て何をゲッツしたのか?
ぜひ妄想してください。w
13~15年、夢見てきたことがアッサリと手の中に落ちてきたのである。むひひ。

甲州ワインって白のキリッとしたやつしか好きになれなかったが(今もそれは結構そのままだけど)、その土地に行かないと分からないことっていろいろあるねぇ。
ビバ甲州! また行くからな~♪

しかし帰路はものすごい渋滞に巻き込まれ(連休中日ならではか)、一瞬だけど停止状態で寝落ちしてしまった。電車で行ってタクシーや徒歩で回るのが理想だな。
スポンサーサイト
2013年09日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。