スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

サハリンビール2003

サハリンビール001

昔のスライドフィルムを電子化したついでに、迷子っぽくなっていた1枚もスキャン。
確か2003年夏のはずだが、稚内まで取材してサハリンビールを飲んだ。
A型人間らしく、5本すべて試してみましたw

う~ん、今となっては味の記憶などはない。
あんまり「旨い!」といった記憶がないので、ちょっとガッカリだったのだろう。

ググってみると、酷評が散見される。
はて。逆に、そこまでマズかったかしら・・・と不安になる。

缶のデザインがいいから許す!
スポンサーサイト
2011年17日 ぐるメモ(1)北海道 こめんと0 とらっくばっく-

いまごろになって発見。

古代の宇宙船ヴィマーナ表紙001
遠藤昭則『古代の宇宙船ヴィマーナ』中央アート出版社、1998年



===
おっとっと!

いろいろ調べ物をしていたら、国会図書館蔵書検索でこれを発見した。
今更である。
当初「ヴィマニカ(ヴィマーニカ)」や「シャストラ(シャーストラ)」などではもちろん検索しまくってきたのに、カナで「ヴィマーナ」は盲点だった…。というか、灯台下暗しの感が否めない。
日本語版Wikiにあってもいいくらいなのに・・・。

(でも、いまごろで良かったのかも。たぶん「あ、もうコンテンツになってるか」となれば、たぶん5~6章で当方は挫折してただろうな・・・)

この本、面白い事に「原文は難解すぎる」というので部分訳をからめた小説仕立てにしてある。
さっそくAmazonで注文して、読んでみた。

正直、小説部分はアレレな感も否めないが(失礼!)、翻訳部分はかなり頑張っている。
英語原本と異なる箇所もあるようだが、それは小説仕立てだから敢えてそうしているのか、現時点では分からない。(原著者の息子さんにインドから初版本を贈ってもらったというので[←これはすごいね]、参照しているテキストが違うのかもしれない)。

英語を別の人に(も?)お願いして、ご本人はサンスクリット語を解読したと「あとがき」にあるんだけど。
サンスクリット語のところも意味を取っているんだね。
すごい苦労したと思うが・・・。

ワタクシの訳では原則としてサンスクリット部分を固有名詞として処理しており、それを基本的に変えるつもりはない。
が、それが妥当であるかの判断材料をダメ押しするため、この本の著者が参照したという梵和大辞典を見に、図書館に出撃することにした。

ご苦労なことであるw

が、早く世に出して、次に行こう。
2011年18日 ヴィマーニカ・シャーストラ日本語訳 こめんと0 とらっくばっく-

量子浮揚

http://youtu.be/Ws6AAhTw7RA

ツイートでも大量に流通してますが、念のためここにもリンク。
これはすごいね。
斥力と引力が均衡して浮遊しているのだと思っていたが、下にしても、まるでモノレールのようにぶら下がって回っていくのはタマゲタ。

生きているうちに常温超伝導が実現したら面白いだろうな。
レールを敷いて、リニアにするくらいしか差し当たり思い浮かびませんが・・・。
(あとは摩擦なしのベアリングとかか)。

これだけではUFOまでは遠いけれど。
2011年23日 UFOを開発しよう! こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。