スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

オヤジフリースタイラー、秋の奮闘中。



スポーツの秋、ブログの秋・・・ということで、上さんの協力を受けてビデオ撮影し、動画をYoutubeにアップしてみました。
4本あります。カメラの方向をちゃんと向いて成功しなきゃいけないんで、結構大変でした・・・。

http://www.youtube.com/user/uzawak?feature=mhum#p/u/2/qoC_wXzHNtw
http://www.youtube.com/user/uzawak?feature=mhum#p/u/1/E4xX-un1IEA
http://www.youtube.com/user/uzawak?feature=mhum#p/u/0/Ta3nBKmpOCI

連続技にトライしていきたい今日この頃。
スポンサーサイト
2010年03日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

今日の一言は・・・

sengoku38、GJですっ!
一日楽しませてもらいました。

TWにも書いたんだけど、この人こそ"Hyper Media Creator"だろ!!

逮捕編はいつULされるんだろうか!?
2010年06日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

本日の日比谷デモは参加していないですが。

所用で参加していなくて、先ほど帰宅。
いまようつべやら何やらで確認したところ、下記のような印象をもった。

1)前回はシュプレヒコールのターゲットもかなり明確で整理されていたのに(メインはビデオ公開要求と中共の横暴への反対)、今回は「アジアと連帯」という風に大風呂敷になって、なんだかありとあらゆる問題が詰め込まれてしまってる。拉致、台湾、ウイグル、チベットなどなど。拡散しすぎ。

2)これに関連して、日比谷野音(たぶん)の演説会でも、アジア諸国の国旗が背景に並べられている。しかし、ビデオを見る限りでは中央に日本国旗。
それはいいとして、左「上」にあるのが韓国国旗だ。「アジアの連帯」を名目にヘンな勢力が入り込んできていないか?(←2002年W杯のこととか、これまでのさまざまな経緯を踏まえて思ったことなので、常に日本国旗が万国より上でないといけないとか、そういう主張ではないよ。)
アジアの力を結集して中国共産党の横暴を許さないぞ~! というのは志としてはあってもいいんだけど、さしあたり一日本人としては日本がちゃんとしてくれれば、その最終目標にもつながると思うのだ。なんでもアジア、アジアと言っておかしなことに巻き込まれないほうがよいのでは。日本国旗一枚を掲揚すればそれで済んだはずだ。
正直、アジアがどうこうというより、日本単体がヤバイんですよ。もう余裕がない段階だと感じているので、今回の突然の大風呂敷には違和感ありまくりです。
(※前回のデモでもウイグルやチベットのコールもあったけど、今回ほど濃厚ではなかったということ。逆に言うとビデオ公開という柱が昨日でなくなったという認識なのだろうか? とんでもない。正攻法で全面公開すべきという要求があるじゃないか・・・)

3)小池百合子氏の演説はよかった。あと、田母神氏の「これまでのデモ参加者は身体が左に傾いてた」ってところも笑えた。
しかしケネディやキング牧師やオバマといったアメリカ政治における演説名手の系譜(個人的にはヒラリークリントンも上手いし、実はブッシュJr.もいい演説をしてたと思う。文化的蓄積の違いだね)と比べると、格調と迫力に欠ける。
演説の構成とライティングにもっと戦闘力を高めるようなブレーンがいるといいのだろうけれど・・・。
日本には演説とディベートの文化があまりないから、ないものねだりかもしれないが。


ということで、今日は傍観者の立場でした。
2010年06日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

標津のオオカミウオ

獰猛そのものって感じの黒い顔したオサカナ。
タラに似た味なんだとか。

このオオカミウオが食べられる店:

お食事や「ふじ」
標津町南2条東1丁目2-5
1700-0100

出典:「ネムロナビ ポケットブック」平成20年7月
===
以上ぐるメモ
2010年07日 ぐるメモ(1)北海道 こめんと0 とらっくばっく-

しじみパワーで秋の肝臓鍛錬。

ガンマGTPについては様子見ということで"第2の医者"からOKが出た(ん? 何のOKが出たんだっけかな)。が、引き続き節酒するようにしている。

普段は厳しい"第1の医者"が担当なのだが、この時(もう1ヵ月も前かな)は別の医者、すなわち第2の医者が担当。「まぁ、このくらいで高止まりの人はたくさんいますよ。引き続き節酒して、12月にまた検査しましょう…」と言った(言ってくれた?)のだ。

そんなこんなで、たまにワインやらビールやらを飲んでいる。
ありがたいことです。

しかし量は確実に減った。
それに、だんだんお酒がなくても22時を過ぎると諦めがつくようになった。
何と言っても素で眠いし・・・。家中、眠気で満開の秋なのである。

ところで、12月の再検査までに肝臓を鍛錬するため、しじみパワーを活用することにした。

ドラッグストアで見つけたのが、永谷園の「しじみ70個分のちから」。
大豆発酵オルニチンを利用しているとか。しじみじゃなくて大豆パワーじゃないのか!?
しかし、干物になったしじみも入っているよ。このへん、ちゃんとフォローしている製品だね。



味はすっぱい味噌汁。しかし悪くはない。
上さんは「え~慣れない」とダメ出し気味でしたが、ワタクシはこのくらいは平気さ。
なにより肝臓にいいんだからゴクゴク飲むよ。
オルニチン製品は今後も注目していこう。

さて、これがなくなって、今日は本当のしじみ汁だった。
確かにこちらの方が美味い。しかし、砂を抜くのも大変だしね・・・。
しじみの砂を強制的に吐かせるような技術はまだないんですかね???
知っている人は教えてください!
2010年09日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

『浮雲』20101110

 ゆき子は長い旅の果てに、やつと自分の部屋に落ちついたのである。チーク材の床には敷物もなかつたが、かへつて涼しさうだつた。何処からか運んで来たのであらう、粗末なベッドに、腰高な机と椅子が一つ。白いペンキ塗りの狭い洋服箪笥が、暗い部屋の調和を破つてゐた。ねぐらを求めて小禽が、夕あかりの黄昏のなかに騒々しくさへづつてゐた。茂木技師や、瀬谷たちは、ダラット第一級のホテルである、ランビァン・ホテルに牧田氏の自動車で引きあげて行つた。牧田喜三は、鳥取の林野局をふりだしに、農林省へはいつた人物ださうで、四十年配の太つた小柄な男であつた。昭和十七年の暮に、軍属として、赴任して来た。部下は四人ばかりあつたが、みんなそれぞれが、山の分担区に視察に出掛けてゐる様子で、安南人の通訳が二人と、林務官一人、混血児だといふ女の事務員が一人ゐる。――ゆき子はへとへとに疲れてゐた。ランビァン・ホテルへ一行とともに夕食の案内を受けたが、気分が悪くて行く気がしなかつた。ベッドの毛布の上に転がつてゐると、トラックの振動がまだ続いてゐるやうで、耳の中がふたをしたやうに重苦しかつた。昏々と眠りたかつた。眼を閉ぢると、蝉の啼きごゑのやうな、森林のそよぎが耳底に消えなかつた。洋服箪笥のペンキの匂ひが鼻につく。
2010年10日 林芙美子『浮雲』 こめんと0 とらっくばっく-

その後、10億円ってどうなったの。

その後、澱みの水のような不活発オージーダラーのせいで、ソニー銀行のHPもちゃんと見ていないくらいの状態だった。
ちょいと豪ドルが上がったので(いまや米ドルより高いんだもんな、ありえん)久しぶりに情報公開。

===
1,385.38万AUD 113,573万円 2.92375% 1AUD=81.98円
===

約1億3500万円のキャピタルゲイン。5月末にスタートしたので、約5ヵ月半で13.5%の利率(為替差や税金を考えてないけど)ってことに。

こりゃぁすごいね。
暗い話題が続いた我が家の昨今、一筋の希望が出現か?

でもこんなんじゃ100億円は遠いね。
一度、一気に1AUD=92円くらいになって、ワタクシが円に戻した次の日からガクッと落ちて、また60円くらいにならんかのう・・・(こんな妄想ばかりしてる)。
2010年10日 豪ドル外貨定期預金で"10億円"を100億円にする大作戦 こめんと0 とらっくばっく-

『浮雲』20101111

 その夜、ゆき子は、安南人の女中のつくつてくれた日本食を、広い食堂で一人で食べた。中央には岩のやうなシュミネがあり、入口近いところにピアノが一台光つてゐた。のりのきいたテーブルクロスの白い布に手を置くと、黄色の手が、安南人の女中の手よりも汚れた感じだつた。ガラスのフィンガーボールにいかだかづらの花が浮かしてある。ソーセイジのやうな赤黒いかまぼこや、豆腐汁がゆき子には珍しかつた。女中はもう三十は過ぎてゐる年配であるらしかつたが、眼の綺麗な女だつた。額は禿げあがり、渋紙色の凹凸のない顔に、粉を噴いたやうな化粧をして、ねり玉の青い耳輪をはめてゐる。彼女は、かたことの日本語を少し話した。網戸をおろした広い窓へ、白い蛾の群れが貼りついてゐた。食事を終つた頃、突然、前庭の方で、自動車のエンジンの音がした。牧田所長がもう戻つて来たのかと思つたが、それにしては馬鹿に帰りが早いと、ゆき子はきゝ耳をたてゝゐた。女中が走つて出て、甘い声で、ボンソアと庭口へ呼んだ。やがて、男の声で何事か、ごやごやと話す声と足音がして、ぱつと食堂へ這入つて来たのは、サイゴンの宿舎で会つた、ゆき子の注意を惹いてゐた、あの男であつた。背の高い、さくさくした足どりで食堂へ這入つて来るなり、ゆき子を見て、一寸驚いた風で、軽く眼で挨拶をして、また、さつさと廊下へ出て行つた。
2010年11日 林芙美子『浮雲』 こめんと0 とらっくばっく-

『浮雲』20101114

 ゆき子の食事が終わつてからも、女中は仲々食堂へは戻つて来なかつた。ゆき子は赤くなつてその男に挨拶を返したが、部屋を出て行つたきり、一向に戻つて来る気配もない様子に、焦々してゐた。いまゝで死んだやうにぐつたりしてゐた気持ちのなかに、急に火を吹きつけられたやうな切ないものを感じた。あわてゝ、しのび足で部屋へ戻り、ゆき子は洋服箪笥の鏡の中をのぞいて、濃く口紅をつけた。髪をくしけづり、粉白粉もつけて、また、急いで食堂へ戻つたが、網戸を叩く白い蛾の気忙はしい羽音だけで、広い食堂は森閑としてゐる。暫くして、女中がコオヒイを持つて来たが、すぐ、女中はコオヒイを置いて去つて行つた。いくら待つても、男はつひに食堂へは出て来なかつた。ゆき子は気抜けしたやうな気持ちで部屋へ戻つて行つた。広い階段を誰かゞ上つて来る。ゆき子は激しい動悸をおさへて、扉に耳をあてゝゐた。ゆき子は物音が消えると、また食堂へ降りて行つた。所在なくピアノの蓋をとり、女学校時代よく弾いてゐた浜辺の歌を片手でぽつんぽつんと鍵を叩いてみた。壁には森林に就いての統計のやうなものが硝子縁のなかにはいつてゐる。カッチャ松とか、メルクシ松、ヨウ、カシ、クリカシなぞの標本図をたどつてゆくと、ゆき子はつくづく遠いところに来たやうな気持ちがした。誰も食堂へはやつて来そうもないので、ゆき子は庭に出てみた。星が澄んできらめき渡り、ゴム風船をすりあふやうな、透明な夜風がゆき子の絹ポプリンの重たいスカートを吹いた。何処からともなく、香ばしい花の匂ひが来る。小経の方で、ボンソア‥‥と挨拶してゐる女の声がしてゐる。薄い雲が星をかいくゞつて流れてゐる。湖は見えない。部屋へ戻つて窓に凭れてゐると、暫くしてから、階下の何処かで電話のベルがけたゝましく鳴り、それからすぐ、牧田所長の自動車が戻つて来た様子だつた。急に階下がざわめきたち、数人の男達の笑ふ声が聞えた。
2010年14日 林芙美子『浮雲』 こめんと0 とらっくばっく-

『浮雲』20101118



 夜明けに吹く山風で、ゆき子は松風の音を聴いた。朝の寝覚めに、あの男と、広い芝生でテニスをしてゐる夢をみて、なつかしかつたが、その夢は思い出さうとしてもとりとめがなかつた。またすぐ、こゝを発つて行くひとだらうか‥‥。それにしても、同じ屋根の下に二度も吹き寄せられる人間の奇遇を、ゆき子は愉しいものに思つた。念入りに化粧をして、粗末な布地ではあつたが、白絹のワンピースを着て、朝の食堂に降りて行くと、牧田氏と、あの男が、網戸をあげた、広い窓辺でコオヒイを飲んでゐた。血色のいゝ牧田氏は、にこにこして朝の挨拶をしてくれたが、あの男はゆき子に対して一べつもくれなかつた。窓へ足をあげて、無作法な腰掛けかたで、もやでかすんでゐる湖を見てゐた。情のないしぐさで、そんな風なスタイルを見せる一種のポーズが、ゆき子には、中学生のやうながんこ[#「がんこ」に傍点]さに見えた。
「どうです? 幸田さん、こつちへいらつしやい。道中が長いンで疲れたでせう? サイゴンでは、富岡君と同じ宿舎だつたンださうですね?」
2010年18日 林芙美子『浮雲』 こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。