スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

山形・さくらんぼ漬

上さんがお土産としてもらってきた山形の「さくらんぼ漬」を食べた。
山形市の渡辺近七商店の品。

梅干のような(紫蘇が入っている)、でも塩辛くもそれほど酸っぱくもない、サクサクとした食感。
う~ん、新体験の味覚だぞ。

これはおかずではないし、お菓子でもないし、なんなんだ?
でも美味しいのだ。

ポリポリ。
スポンサーサイト
2010年01日 ぐるメモ(2)東北 こめんと0 とらっくばっく-

本日の10億円ちゃん。

1AUD=78.36円 107,327万円 2.98000%

===
円安に振れましたので少しだけど資産価値上昇。イエイ。
体重は減るべし、資産は増えるべし。

レート差による差益は(といっても引き出せないし税金も入っていないから、あくまでヴァーチャルなもんだが)、7,327万円。

1週間くらいで7,000万円も稼いだのだから、お父さんはしばらく寝ててもいいかい?
2010年03日 豪ドル外貨定期預金で"10億円"を100億円にする大作戦 こめんと0 とらっくばっく-

「KY」の次に流行る言葉候補。

なぜか窓拭きをしていた今日の昼間。
ふと「KY(空気読めない)」の次の言葉として、「NW」というのを思いついた。

…ノースウエストじゃないよ。

ノリが(N)悪い(W)、ってだけなんだお。

ま、思いつきですが。
明日以降、職場とかで試してみて(笑)。
2010年06日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

本日の10億円小僧。

1AUD=74.91円
102,601万円
2.98000%
===

ちくしょう! 急に円高で約5000万円の大損害。

ま、リバウンドということで、自分の体重と同じでスムーズには行かないということにしておこう。。。


そんなことよりそろそろ本当にW杯だ。
そこでワタクシからも日本代表にエールを。

「ゴールネットを揺らさなくてもいい、せめて心を揺らしてくれ。」

ヒューマンドラマが見たい。庶民はそれで美味しいビールと明日への活力が得られれば、満足するもんです。
2010年07日 豪ドル外貨定期預金で"10億円"を100億円にする大作戦 こめんと0 とらっくばっく-

ビール飲ませろ!

本日は昔の雑誌の人間と飲む@神楽坂。

お店は非常によさげなところだったのだが、ビールの2本目を頼もうとしたら、ガンコ親爺が:

「ビールだけ飲むのはお断り!」

とか言い放って、注文を取りもしない。
あのねえ、あんな小瓶のビール(350ml程度)1本だの2本だのでガタガタ言うんじゃないよ。
しかも2本目だぜ。20本目ならともかく。

店のウリは日本酒だと言いたいのだろうが、こっちはそのあと4杯(※4合じゃないんだ、これが…値段は偉そうについているのに、食前酒のグラスかよという小さいところにチョロチョロ)飲んでいるんだけどね。

刺身は美味かった。すばらしい。
でも、店としてどうなのかね。
少なくとも僕はああゆうビジネスだけはしたくない。

ま、結局またしても奢ってもらってしまったので(言いだしっぺはワタクシなのに…スマソ)、文句を言う立場ではないんだけどね。
いや、文句ではないんだけど、もったいないなーという感想なのです。
以って他山の石とすべし。
2010年11日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

W杯開幕:(1)南ア―メキシコ戦(1-1)雑感

南アフリカ―メキシコで開幕。
前半はメキシコの上手さの前にほとんど沈黙していたホスト国・南アだが、後半になるとタテポン系を織り交ぜた縦への早い攻撃で攻められるようになった。

そして速攻から開幕ゴール。最後に相手右サイドを切り崩した長いスルーパスが見事。
それを思い切り良いミドルで(ゴールに向かって)右上隅に突き刺す。
ほぼ無回転であんなところ、あんなスピードで行くのかいな。
ほんとにタマゲタ。

個人的にはメキシコを応援していたので、同点に追いついてよかった。
その同点ゴールの時、南アの守備はいただけなかったですね。
相手の攻めをクリアした後、最終ラインに相手が3人もあまっていたのに、1人しかケアせずにセンタリングを入れられてしまい終了。
最後、キーパーの逆を取るシュートは見事でした。

その後は打ち合いで見ごたえがあった。
終盤、メキシコの守備がおろそかになっていたところにポストに当たったシーンがあったが、あれはキーパーもあきらめていたね。入っていておかしくなかった。
それにしても、南アはまともなシュートは上の2本だけだったのではないだろうか。

メキシコはドスサントスの速さとブランコの上手さが目立った。6番のキャプテンも攻守に効いていた。
ここ数回の強烈プレッシングサッカーは、少なくとも昨日の試合では見られなかったけれど、今後が楽しみな構成だ。

南アのパレイラ監督は試合後に「A組は最後まで混戦になる」と言ったらしいが、フランス―ウルグアイも引き分けて、内容的にもそういう雰囲気が濃厚ですね。
2010年12日 W杯2010雑感 こめんと0 とらっくばっく-

W杯雑感(2)ウルグアイ―フランス(0-0)

眠い目をこすって3時に起きる。
2時間睡眠で起こされるなんて、こどもが乳児のときのミルク当番以来(笑)。
スカパーの番組表には試合開始時間がなかったので、結局30分もボーゼンと待たされてギブアップしかねないところだった。

===
しかし試合開始して目が覚めた。フランス速い、強い! ウルグアイはめちゃくちゃ個人が上手い!
フランスはアイルランド戦のアンリのハンド事件があったし、チーム全体も老化しているので期待していなかった。
ところがどっこい、さすがのリベリ師匠を軸に攻め立てた。前半に1点入っていれば(とくに開始6分だかの左サイドリベリからのセンタリングは決めなきゃ)、試合結果は確定していたと思う。

そこをウルグアイが守備で頑張った。バイタル付近までするすると行かせるのに、最終ラインにかかるところでは絶対に止めるという、伝統的な南米スタイルといった感じか。

攻めに関してはフォルランがすばらしかった。その後、後半のいい時間帯で、こぼれ玉への素早い反応からボレーを放ったのは入ったと思った。実際には枠をかなり外れていたのだが、あれは少し状況が違っていたら枠にすっとんでスーパーゴールになっていたはずだ。

後半、フランスはアンリを入れてきていっそう怖くなったはずだが、肝心の極道リベリがおとなしくなってしまい、後半はエネルギー不足の感じが否めなかった。ま、それだけ前半飛ばしていたわけだが。

試合後の各種掲示板などでは「第一試合のほうが面白かった」という感想が多いようだが、個人的にはこの試合のほうがサッカーの技量(個人~3、4人の戦術レベル)で1,2段上であったという感じだ。0-0の試合でも見ごたえがあるなぁ。

ウルグアイは左サイドバックの選手が非常にいいアピールをしていたのではないでしょうか。今後、要注目。
2010年12日 W杯2010雑感 こめんと0 とらっくばっく-

(3)韓国―ギリシア(2-0)

韓国が序盤のセットプレーから1点。
後半には相手DFのミスにつけ込んで独走態勢になったパク・チソンが流し込んで追加点。
ギリシアは序盤こそ勢いがあったが、その後は有効な手立てなく、まったく情けない負け方をしてしまった。

最初から左右サイドからのセンタリングで揺さぶれば、さすがの韓国も終盤にヘバったと思うのだが。
ハリアデスだったっけ、ユーロ優勝でも活躍した長身を生かせず、情けないタテポンに終始していた。
終盤にいくつかチャンスを作ったのも、割と深いけれどサイドからのセンタリングによる。
まっすぐ入れると、点で合わなければ1チャンスでGKに取られたりラインを割るが、左右からだとDFのこぼれ玉やオフェンス2枚目でのひっかかりということもありえるのだ。
それを徹底すればよかったのだ。

最初のゴールもDFはちゃんと付いていないし。あのボールでマーカーを外しまくってイ・ジョンスに右足インサイドのボレーでラクラク沈められてしまった。
鹿島ファンとしては、所属選手が最初にW杯で得点したのはいいとして、韓国代表だからねぇ~~。
(これがコウロキとか小笠原だったらより良かったんだが。)
ま、それはともかくギリシアのDFがザルすぎた。

追加点のシーンは言うまでもなし。
韓国の状態が良かったこともあるが(これは日韓戦で連勝したことで相当、心理的にも上向いた気がする。日本は韓国をアシストしちゃった格好)、ギリシアにW杯出場国としての矜持がなかったのが残念。

韓国の10番がちゃんと決めていれば3-0か4-0だったろうに。
そんな、ちょっと「なんだかなー」な試合でした。

ま、アジアが少しでも勝ち点を稼ぐのはいいことではある(アジア枠が減少すると、日本も今後相当危うい)。
2010年13日 W杯2010雑感 こめんと0 とらっくばっく-

(4)アルゼンチン―ナイジェリア(1-0)

アルゼンチンは5-1くらいで勝てたはずだろ!
ま、今後の決勝トーナメントに運を温存しているのだろうが。
イグアインがめちゃくちゃブレーキ役でしたな。
で、後半にCLのヒーロー・ミリート(インテル)を投入したけど、優勝ボケなのかこちらもへなちょこ気味。

メッシとテベスのちびっこコンビがかき回して(彼らも相当外したけど)、頑張っていたのに、その他がしょぼかった。しかしフィニッシュだけの問題。
あとはもちろん、ナイジェリアのGKが当たっていた。

それはそうと、やはりアルゼンチンはワタクシがみる優勝候補の通り。
チームの骨格がカタいですよね。メッシ、ベロン、サムエルといるだけでもう優勝候補チームだ。

終盤にナイジェリアも結構なチャンスがあったのに、アフリカチームらしい雑さとあきらめの早さでうまく生かせなかった感じ。最初から気迫がなかったもんなぁ。

メッシが怪我でもしない限り、今回のアルゼンチンはベスト4は堅いと見てます。
2010年13日 W杯2010雑感 こめんと0 とらっくばっく-

ああっ、もう2周目。

W杯でもう2周目。観戦雑記を書いていたのだが、もう全然追いつかない(汗)。
1日2~3試合の連続って拷問ですな。

ご飯食べてお風呂入って、明け方の試合をビデオ予約して(起きて調子良ければ、そのまま見ることもあり)。
それで朝からまた満員電車…って、まぁこの時期しょうがないけど。

さて、2周目に入っているので若干後だしなんですが、これまでのベスト3:
1.ドイツ。衝撃。力強く、技もある。バラックがいなくなって良くなったという論評も見た。
バラックファンの私としては認めたくないが、まぁあの水準ならいてもいなくても安心して見ていられるでしょうね。

2.アルゼンチン。すでに書いたが、チビッココンビがかき回す。いま韓国戦を見ているハーフタイムだけど、またズタズタにしてますね。今日は左のゼ・マリアも絶好調のようで。

3.さて上の2つは文句ないとして、3番目にはガーナ、コートジボアール、そして大金星のスイス。ひとつ選ぶとしたら努力賞を込めてガーナにしておきます。サッカー自体はコートジボアールに軍配なんですけど。
ガーナVSセルビアのオープンスタイルの攻撃は面白かった。

さて、さかのぼって雑記を書くのは今週末の仕事にしようかな…。
2010年17日 W杯2010雑感 こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。