スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

日本VSバーレーン

六本木のバーにて観戦。
店内は込んでしまい(W杯とか予選ほどではないけど)ビールの追加もできずトイレに行くのも一苦労。
その分集中して見れたと言えば、言えるけれど。

さて試合ですが、やっぱり海外組はうまいよね。
俊輔も体力が落ちるまではやっぱりウメーという感じでした。
ま、これがカメルーンとオランダとガチンコで本番対決するとどうなの、という不安はあるけど。

個人的には後半5分くらいだったか、左サイドで松井の足裏トラップに感心しました。
空中高く舞い上がったボールを瞬時にピタリ。
フットサルやってるのかなぁ。

それにしても後半10~20分くらいの停滞に何も手を打てない岡田はヤバい。
2002年のベルギー戦をこのまえ実家で(VHSに撮ってあるのだ=もう画質ビロビロだったが)見たのだが、その解説が岡田さん。「いまが勝負時なんですよ!」とトルシエの早いタイミングの交代を説明してたのに、自分が監督になったらそうできないんですね。

監督も本田や松井、そして最後の森本みたく、前のめりに行って欲しいものです。

PS:今回もトゥーリオの裏、思いっきりフリーになってやられそうになったシーンが前半にありました。
この前のワタクシの分析通り、本番では必ずこれで失点すると思います。
スポンサーサイト
2010年03日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

手打ちうどんでJ開幕。

一度やりだすとしばらくはハマるのがワタクシ流。

で、うどん粉をこれから買ってくるのだ。もう昼時には遅いんだけど…。
それと今日はついに春のJリーグ開幕。早いもんだ…。
今節はさすがに地上波中継があるらしいですね。

忙しい土日がまた始まるのであった(笑)。
2010年06日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

うどん修業2010春

そんなこんなで、うどん粉をすぐ近くのスーパーで購入。
なんだ、日清のしかなかった。
本当はどこかデパートか専門食料品店でこだわりのうどん粉でも欲しかったが…。
ま、今回はいいか。

udon201003-01
「手打ちうどんの小麦粉」ってわざわざ書いてあるしね。
それにしても…生産国が書いていない…。
オージーだろうがアメリカだろうが、まさか中国だとしても、ひとこと書きなさいよ。

udon201003-02
ネット上でレシピを調べると、粉500gに塩25gとか書いてある。
しっかり塩を計ってみたが、どう考えても多すぎる気がする。
普段から唐辛子や辛いものが好きなので、知らずと塩分大目の人生(だいたい、通常の塩加減だとしても量を食べすぎだしな)とは自覚している。
だから、ほぼ1kgの小麦粉を使って(若干を打ち粉用に残す)、塩は感覚で10g程度しか入れていない。
やっぱ怖いですよ、塩分多いのは。出汁だってあるんだし…。

そんないい加減な練り作業なんですが、水を加えていくのは若干気を遣います。
後から、粉の中から"湧いてくる"感じがあるので、加えすぎないでおく。
勝手にしっとりしてくるところがあるのだ。

udon201003-03
お腹すいたモードだったので、20~30分寝かしただけで、再度練りこみ、あっさりと切りにかかる。
ナント! 今週も麺棒(もとのが行方不明?)を買うのを忘れたので、ワインのボトルにラップを巻いて即席麺棒にしたのだ。こんなのでよいのだ。
今週はなるたけ3mm幅になるよう、ここだけは気合を入れてみた。
(ま、写真を見てあまり細かいところにツッコミを入れないでくれよ=笑)

udon201003-04
茹でる。10分くらいやるらしい。
ここでもいい加減だが、最も太いところを試食してみて内部までねっちり熱が通っていたらOKにした。
たぶん7~8分ではないか。これがむしろよかった。

udon201003-05
茹で上がり。今週は相当うまく茹で上がった自信作。
先週はムリヤリ強力粉だったし、茹で時間が足りなかったね。
写真はちょっと誇張されすぎだが、ほんのり黄色味のある小麦粉でした。
これに今週は出汁、ネギ少々、キムチを箸休め。
いつものごま油+七味のタレを適宜かけて食らいつく。

納豆やら卵やらは用意したけど出撃しなかった。
それだけ、単体でうますぎた~。今週はかなり成功!
明日も半分(500g分くらい)残っているのでお昼はうどんなのだ。
手作りうどん万歳!
2010年06日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

「うど」な春。

このところ東京(と千葉)は寒~い!

けれども、食卓には確実に春がやってきているのだ。
昨日は山菜のてんぷら。ふきのとう、うど、それに海老や野菜やらが加わって高カロリー。
それと「うど」ときゅうりのサラダ。
酢と砂糖と醤油とごま油(と塩少々)のドレッシングがかかっていて、一瞬マリネ(?)と思った。
めちゃくちゃうまい。

で、今日はきんぴらごぼう(新ごぼう)の中に、うどの皮も使われていて、これがまた美味!
なんか一足飛びに夏の空気の味がした。
苦味の中に霊妙なさわやかさといいますか。

上さん、ありがとうございます(私は食べてただけなのだ)。

「うどん」の次には「うど」なのだった。
次は「う」だけになりそうだな(爆)。
2010年10日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

養子が100人おりまして。

家人も知らない事実ですが、実は私には養子が100人ほど海外におります。

もちろん、定期的にメール(BCCメールですけど)をやりとり(というか一方的に送付)してますし、親子としての交流は欠かさず行っております。何より、ブログを通じて日本食のよさ、日本酒のよさ、体重管理の秘訣などをみっちり教育しているところです。

この度、日本国民主党の政策で「子供手当て」というのがあり、日本人の海外在住の子供、日本に住む外国人の子供、にも支給される(ただし親が外国に住む日本人の子供には―それが国内にいても―支給されない)ということですので、私の稼ぎも不況で激減していることですし、全員について申請させていただきたいと思います。

13,000円×100人ですので月に130万円。初年度はこれとして、2年目以降は満額(一人26,000円)になるとのことですので260万円。
毎月、100人の養子を養うにはかなりキツキツです。

しかし、養子たちにはそれぞれの国情・物価もあろうかと思いますが、一人当たり月額2000円の送金で済ます予定です。
残金はFXとパチンコ・競馬に投資して、儲かると思いますので、もとの分を子供達が20歳になったら支給します。
儲かった分の差額は運用したワタクシの手柄、じゃなかった、親として必要なたくわえとして、将来の年金不安に備えようと思っております。申請の手間、送金の手間、そしてなにより私が親であるからこそ子供手当てが出たのでありますから、このくらいはお許しいただけるのではないでしょうか。

そしてそれが、海外に住む子らのため、外国に住む人のため、ひいては日本国のためになります。
なぜなら、鳩山首相がおっしゃるとおり「日本は日本人だけのものではない」のですから・・・。
日本のお金が世界を潤すことになりますので、すばらしい友愛のヴィジョンと申せましょう。
外需拡大にも寄与しますので、諸外国にとっても非常に有利です。

巷間聞こえております「日本がこれで財政破綻する!」という心配は無用、ただの杞憂です。
引き続き、自国民向け国債を大量発行し、将来の景気回復で支払えばよいでしょう。
しかし、もし財政破綻状態や恐慌状態になったら、ワタクシは海外の養子たちのところで面倒を見てもらいます。

あ~、日本人で本当に良かった。
民主党政権のおかげで子育てもラクラク、そして老後は安心して暮らせます。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。


PS:なお、子供手当て法案成立の前にこのエントリを書いていることをもって、本当に海外に100人ほどの養子がいることの証明とさせていただきます。法案前に自分の養子について書いているので、十分信頼に値する里親だと思われます。
2010年10日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

ASANOYAラブ。

東京ミッドタウンにASANOYAなるパン屋があり。

ここはなかなか寄り付かなかったのだが(前はもっと品揃えが高かったような気が…)、最近試してみて大ハマリ状態。

ワタクシのお薦めは「サラータ」:ほうれん草とチーズを練りこんだパン。充実したもっちりパンのなかからほうれん草とチーズが絡まりあって飛び出してくるナイスな一品。コストパフォーマンスもよい(税込み273円だったはずだ)。

それと「トマトモッツァレラ」:モッツアレラ(ぁーキーボードでコレ打つのめんどいな~)チーズでプチトマト2個だかを包み、それを揚げて岩塩風の塩を掛けてある。グニュと噛み潰すと酸味と甘みのトマトがバシュ!と飛び出してきて、初回はかなりの量がワイシャツにひっかかってしまった…。

あとはドーナツとかチョコプレッツェル(ぁーこれも打つのめんどい…て、しつこいか。「キーボードで打ちにくい単語選手権」という企画は面白そうだ)も、甘すぎず、おじさんも納得の味に仕上がっている。

いいですよ。

追記:
いま調べたら軽井沢出身でチェーン展開をしているお店とのこと:
http://www.b-asanoya.com/mise/

「/mise」っていいな~、素朴で(笑)。社長のブログなんかもあり、もともと1933年創業という古いお店が、なんでこんな風になってきたのか興味がありますな。
2010年13日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

年甲斐もなくフルサッカー合宿:筋肉痛物語

「オフサイ!」

 敵のDF陣が誇らしげに審判にアピールする。
 しかし、彼らはセンターラインを越えてオフサイドをかけていたのだった。

「センターラインからこちら、オフサイドはないのだよ。ムハハ。…君たちの生まれの不幸を呪うがいい!」

 男(※オジン)はそう心の中でつぶやくと、ひとり荒野に向けて疾走を開始した――。

 ゴールまでは50m。フリースタイル仕込みの華麗なファーストトラップをスペースに押し出すと、素早く顔を上げる。上下を黒で固めた相手のイケメンキーパーが、遠く視界に入ってきた。

 ひとつ蹴る。まだスピードは上がらない。追いすがる2枚のDFは大丈夫だろうか。もう20歳の時のようには走れない俺様のこの走力で…。男(※オジン)の体力インジケーターは黄信号が点滅していた。無理もない、もう合宿2日目の2試合目(※半ドンですけど=笑)なのだ。

(しかしここでスピードを上げなければ…。)
 
 イケメンキーパーが接近する。これはギリギリの玉を出して直前で勝負だ。
 ふたつ蹴る。男(※オジン)は意を決してトップスピードにギアを入れ替えた。

「ハイパァーーーーーーーータァーーーーボゥ!!」

 しかしトップスピードの快楽は長く続かない。キーパーも鬼の形相で迫ってくるからだ。
 ふと、男(※オジン)には理解できる気がした。SAから高速道路を逆走してしまった80歳代ドライバーの驚きが――。

「むむぅ、これはもはや岡田監督のいう"接近・威嚇・射出"しかあるまい」

 男(※オジン)は武士道の精神を参照し、GKの右か左、どちらかのサイドに蹴りこむしかないと腹を決めた。もしこの数少ないチャンスを外したならば、切腹するしか道はない。しかし決めることができたならば…。
 夜の"接近・誘惑・射出"が男(※オジン)を待っている、かもしれない。

 キーパーの左足が前に出た、その刹那――。

「スーパー適当、しかしトップスピードのまま右足インサイドで蹴りこむぜシューーーーーットォッ!!」

 男(※オジン)の右足がキーパーの右脇を打ち抜いた!

 ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!
 GOLASSO~!

 競技場に詰め掛けた4万人の大観衆の歓喜とどよめき。
 男(※オジン)はその感情の渦をジャグジーバスを楽しむかのように心地よく全身に感じながら、ヒップアタックのポースでそれに応えた。

(おわり)
2010年15日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

面白い記事発見。

【41】200万円与えて息子に世界一周をさせなさい
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20100311/215326/

相談は月並みすぎるのに、回答が充実というか脱線というか、相談者にとってではなく一般読者に向けてサービス精神旺盛なのが笑えた。

でも、相談者の息子は200万円で本当に世界一周できるかな?
けっこうあっと言う間に200万円はなくなりますよ。
まず世界一周チケットで20~30万円くらいするのではないかしら。いろいろ条件ついたやつで。

ユーレールパスも今は高いみたいですしね…。
あとはホテル代をどうするか。

ま、カソリにやらせれば2年後にお釣りを150万円くらい返してきそうですけど(笑)。
2010年15日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

腹が減る春。

フルサッカーの合宿に出てしまい、疲労困憊。
まぁゴールやらアシストやらのご褒美もあったわけだが、改めてサッカーは難しいと。
代表戦で偉そうに語っている身分ではないねぇ。
(ま、それでも止めるつもりはないが=笑)

筋肉が増強されたせいもあり、また春の到来で身体が栄養を欲しているのか、ひたすら腹が減ってしょうがない。
会社でも昼前、夕方と2回も間食をしてしまうここ2日間。

来るフットサル大会(昨年は2得点で盛り上がる)では、体重を軽くして舞を舞うようにDFを切り裂いてシュートを決めてやろうと思っているのに。
また体重を計る日々に戻ろうか…。
2010年17日 日々のあれこれ こめんと0 とらっくばっく-

栃木のやきそばにはジャガイモが入ってる。

富士吉田のうどんとセットで、「やきそば」と言えば富士宮。
いまでもそう思っています(黒石は期待はずれだったし…)。

ところが、栃木のやきそばもユニークとの情報が入った!
なんと、ジャガイモ入り。
(出典:JR東日本「おいでよ!とちぎ 観光情報」2010春)

戦時中の食糧難のときにボリュームを増すために入れられたのが始まりとか何とか。
(でもこのパンフレット、次の足利の記事では大正時代に入れられ始めたと書いてある…。どっちやねん!)

栃木市内には16店舗。足利にも同様のやきそばがある。
栃木はソース産業も盛んなようだから、非常に興味をそそられる。

個人的には、佐野ラーメンも旨そうだな、と…。

以上ぐるメモ。
2010年17日 ぐるメモ(3)関東 こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。