スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

春国岱(しゅんこくたい)はシマフクロウの生息地。

ワタクシは野生動物の撮影を趣味としている。
これまで、バンクーバーの青サギ、白頭ワシ、アライグマやリスなどなど、そしてカナディアンロッキーでエルクを追い、ビッグホーンシープを探索し(未発見)…。国内でも伊豆や北海道でシカを追った。いつかカモシカを仕留めたいのだがイノシシに追われそうなので躊躇しているといった按配である。
(で、上野動物園でストレス解消してたり=笑)

そんなもんで、いずれお金を貯めて(いつだい?)シグマの500mm望遠ズームを買い、本体もISO感度の高いものを買って(いまならD90とか)遠征したいと思っている。

そこで「野生動物メモ」カテゴリも開始しよう。
当然、これをもとに旅に出るときにはぐるメモも大活躍するから、写真の獲物と胃袋の獲物がえもいえぬハーモニーを奏でることだろう!
…ううっ、野生動物の話だったのに垂涎寺清子ナリ!!

===
根室半島の付け根の北側に「春国岱」なる砂州がある。ここはシマフクロウの生息地だという。

「ネムロナビ ポケットブック」(根室印刷による企画・印刷、平成20年7月版)によると:

全長70cm、体重3~4.5kg、翼を広げると180cmを超える(!)世界で最大のフクロウ。
アイヌ語で「コタンクルカムイ」(村の守り神)と呼ばれ敬われている。
面白いのは、食べ物が主に魚だという。オスはボーボー、メスはボーッと鳴く。
国の天然記念物。レッドデータブックでは絶滅危惧種。

以上、野生メモ。
スポンサーサイト
2010年21日 野生動物メモ こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。