スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

スコットランド・ボウモア牡蠣

「・・・アイラ島のボウモアの蒸留所もよかったね。シングルモルトならボウモアだね。おれの中ではベスト3に入る酒だよ。あそこは生ガキがたくさん採れるから、普段ボウモアをかけて食べるわけ。我が人生で今まで食べてきた生ガキの全てを、改めてこのボウモアをかけて食いなおしてみたいって文章を書いたけど、本当にそう思ったよ。・・・」

引用:「椎名誠が大いに語る 世界のうまい酒、ヘンな酒、あやしい酒」(『ゴールデン ミニッツ』2007年5月号)

~~~~
思わず吹き出してしまう表現ですな。
それにしても、牡蠣にボウモア? ちょろっと醤油かそのまま潮の味を楽しみたい僕としては「ノウモア・ボウモア牡蠣」って言いそうだけど・・・。でも旅先でローカリティを楽しむのは非常に大事ですよね。
アイラ島(スットコランドですね、アイルランドの一部かと思ったけど)に行ったら試したいね。いつになることやら。
スポンサーサイト
2009年28日 ぐるメモ・海外 こめんと0 とらっくばっく-

Seattleでオシャレランチなら「Le Pichet」

2006年の情報で恐縮ですが、自分用備忘録としても書いておく。

http://lepichetseattle.com/pages/home.php

シアトル中心街の美味しいフランス系料理屋さん。
ちょっと塩っぱかった味付けだったが、料理は大満足。
バンクーバーじゃ食べられないレベル(まぁ、高級店はいろいろ向こうにもこちらにもあるんだろうが)。
ランチでひとり20ドルくらいだった記憶がある。

今度は家族で押しかけて親はワインを飲んでやりたいなぁ(いつ実現するやら)。

以上ぐるメモ。
2010年23日 ぐるメモ・海外 こめんと0 とらっくばっく-

豆の年2010

年初の上さんの目標に「今年は豆を食べよう!」というのがあった。
春先は出遅れたが、夏ごろから豆がどんどん食卓に上がるようになった。
先日のフェジョアーダもそうだし、ひよこ豆、小豆、サラダ用パック煮豆etc…。
子供は相変わらず納豆ばっかり食べるしね(夜ご飯はほとんど毎日食べているんじゃないか? 私の帰宅前が多いので回数までは正確に把握してないが。気付くと2パック食べてたりするらしい)

で、カード誌の『VISA』2009Juneに「世界の定番ビーンズ・レシピ」なる記事があり、丸山久美氏が監修しているのでこれをぐるメモしておく。

===
記事では4つの豆料理が紹介されてる。
韓国「ピンデトック」は乾燥緑豆でつくるお好み焼き。
インドの「チャナマサラ」はひよこ豆のカレー。
クミンシード、ガラム、ターメリックとカイエンペッパーだけのシンプルなスタイル。
トルコからは「メルジメック・チョルパス」。レンズマメのスープだそうな。
15分煮込んでからミキサーでピューレ状にする。仕上げにミントとレモンとな。

で、一番作りたくなったのがメキシコから「チリ・コン・カルネ」。
レッドキドニーを使い、その名のとおりチリと肉(ひき肉)を合わせて煮込む、と。
参考までに、紹介されてたレシピ。

■4人分
レッドキドニー(乾燥)100g
牛ひき肉200g
たまねぎ半個
トマト水煮400g
パプリカ1個
ニンニク1片
固形ブイヨン2個(⇒ワタクシはこれは使用しないもんね!)
サラダ油大さじ2
塩コショウ
・スパイス軍団=チリペッパー、クミンパウダー各小さじ1、オレガノ・タイム各少々
オプションとしてチェダーチーズ適量

調理方法まで書くと著作権侵害に移行しそうなので割愛。
まぁ、難しいことはない。
先日のフェジョアーダのようにオーソドックスな豆料理の煮込みにすればいい。
個人的には固形ブイヨンなど使わず、他の出汁を探求したいところ。
あと、牛ひき肉はアクが出るし匂いもキツイから豚か合挽きかなぁ。
鶏肉はパンチに欠けるからどうかと思うが、かえって主役を取らないでさっぱり仕上がるかもね。

とりあえず、上で4人前なのに「豆100g」てのはウチではアリエナイザー。
最低でも300gは茹でる。できれば500gです。⇒平日連続のカレー状態に。

上では書いていないけど、メキシコ料理といえば個人的にはコリアンダー(生)を刻んで入れたいなぁ。
それでタコスを生地から焼いて巻いて食べたら美味かろう…。

◇◇◇
ところで、タコスを生地から焼くのは化学の力なのだ。
これは一冊の本が書けるくらいの素材だと個人的には考えている。
ワタクシには以前これでとっておきのエピソードがあり、追求してみたいところだ(インターネット探しても情報ないし、食材専門店でもハテナのテーマなんですよ、タコスって)。

おっと脱線してしもうた。
以上ぐるメモ。
2010年30日 ぐるメモ・海外 こめんと0 とらっくばっく-

da Palummella

Trattoria e Pizzeria
Via Piedigrotta, 9 Napoli
tel. 68-22-45

Chiuso la Domenica

===
1998年1月頃のデータである。
思い出の赤い名刺を処分するので、ここに電子化しておく。

ここにいずれまた行かねばなるまい。もちろんナポを連れてね。

ググったらまだやってるみたい。素晴らしい。
生きる希望というか、欲望が湧いてきた(春だからといのもあるのか?)
2012年04日 ぐるメモ・海外 こめんと0 とらっくばっく-
  

プロフィール

40年の時を超えて…復刊!

ヴィマーニカ・シャーストラ [日本語訳]

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ads

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついってる。

使うといろいろ便利です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。